徒然なるままに プログラミングメモや日々の生活などつれづれとつづっていくblog

2014年1月13日

SoftEther VPN でVPN環境を構築 (SoftEhter VPN Server設定編)

Filed under: ESXi,SoftEtther VPN,VPN — ranpei @ 1:30 AM

前回に引き続きSoftEther VPNの設定を行っていきます。
設定に関する詳細な手順は省きますが、やることは以下の2つ

 ・ルーターのポート開放
 ・SoftEther VPN Serverの仮想Hubおよびユーザ、グループの設定

■ルーターのポート解放
SoftEther VPN Serverの設定内容によりますが、以下のポートを開放します

ポート番号 TCP/UDP 用途
443 TCP デフォルトのリスナーポート(HTTPSポート)
500 UDP L2TPのポート(L2TP over IPsecを利用する場合必要)
992 TCP デフォルトのリスナーポート(telnetポート)
1194 UDP OpenVPNリスナーポート(OpenVPNサーバー機能を利用する場合必要)
1701 UDP L2TPのポート(暗号化されていないL2TPを利用する場合必要)
4500 UDP L2TPのポート(L2TP over IPsecを利用する場合必要)
5555 TCP デフォルトのリスナーポート
8888 UDP デフォルトのリスナーポート

どのポートを開放すべきかは各自の利用構成に合わせてください。
私の場合443番はWebサーバーが使用しているため設定していません。

また当然ですが、サーバー側のファイアーウォールの設定をお忘れなく!

■SoftEther VPN Serverの仮想Hubおよびユーザ、グループの設定
SoftEther VPN では仮想Hubごとにユーザ、グループを持っているので、
仮想Hubを作成したのちユーザを作成します。

設定方法などは結構簡単なので割愛します。

結構すんなり設定も終わりいざ接続テストという段階になってみごとにはまりました;;;;
SoftEther VPN でVPN環境を構築 (SoftEhter VPN Serverトラブル編)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

*

Powered by WordPress