徒然なるままに プログラミングメモや日々の生活などつれづれとつづっていくblog

2016年10月28日

Docker + PowerDNS + Sqlite + PowerDNS AdminでDNSサーバーを作る

Filed under: Docker,ESXi,OSS,オープンソース — タグ: — ranpei @ 12:00 AM

内部ツール系サーバーを構築するに当たり

内部DNSサーバーにはBindでは無くPowerDNSを使用していきます。

 

PowerDNSを使うことにしたのは単にGUIツールが存在しており

ファイルをいじって設定する手間が省けるな~とおもたっからですw

 

1.Dockerイメージを作成する

管理するドメインは大した量ではないのでDBにはSqliteをチョイス

管理GUIはSqliteに対応した物が無いため、API駆動のPowerDNS Adminを選んでみました。

PowerDNS + SqliteのDockerイメージは見つかったものの、

PowerDNS AdminのDockerイメージは見つからないし・・・・

そもそもこれぐらいならひとまとめにしてもいいじゃない!

ってことでPowerDNS + Sqliteをベースに自分で作ってみました。

[github]

PowerDNS Adminが80番ポートを使用するため、

PowerDNS標準のWebサーバーが8080番ポートに変更になっています。

また、内部運用するに当たり「DNSフォワーダ」の設定が追加されたので

管理外ドメインの問い合わせを外部にフォーワードしてくれます。

2.Dockerコンテナを起動する

[shell]
$ git clone https://github.com/gittrname/powerdns-sqlite3-gui.git
$ docker build -t powerdns-sqlite3-gui powerdns-sqlite3-gui
$ docker run -p 53:53/tcp -p 53:53/udp -p 80:80 powerdns-sqlite3-gui
[/shell]

起動したらブラウザでGUIにアクセスしまずは管理用アカウントを新規に作成してください。

powerdnsadmin%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e9%9d%a2 powerdnsadmin_%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e7%99%bb%e9%8c%b2

作成したアカウントでログインしたらドメインを追加しレコードの設定を行います。

powerdnsadmin_%e3%83%80%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89 powerdnsadmin_%e3%83%89%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e8%bf%bd%e5%8a%a0

digコマンドで動作の確認ができればDNSサーバーの構築は完了です。

[shell]

$ dig www.ranran.mydns.jp @[DNSサーバーのIP]

; <<>> DiG 9.10.3-P4-Ubuntu <<>> www.ranran.mydns.jp @[DNSサーバーのIP]
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 35567
;; flags: qr aa rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 1680
;; QUESTION SECTION:
;www.ranran.mydns.jp. IN A

;; ANSWER SECTION:
www.ranran.mydns.jp. 3600 IN A [対象サーバーのIP]

;; Query time: 43 msec
;; SERVER: 192.168.11.102#53(192.168.11.102)
;; WHEN: Thu Oct 27 23:59:11 JST 2016
;; MSG SIZE rcvd: 64

[/shell]

Powered by WordPress