徒然なるままに プログラミングメモや日々の生活などつれづれとつづっていくblog

2016年10月20日

既存サーバーのConcrete5データをDockerコンテナに移設する

Filed under: Concrete5,Docker,Linux,OSS,オープンソース — ranpei @ 6:09 AM

Concrete5のデータを移行していきましょう。

やり方はConcrete5公式の「concrete5 サイトを復旧(リストア)する方法」を参考にすればすんなりいきます。

 

1.移設元サーバーから移設データを取り出す

[shell]
# cd /var/www/html/concrete
// データ格納フォルダをtarで固める
# tar cvf concrete-content.tar blocks/ css/ elements/ files/ helpers/ jobs/ js/ languages/ libraries/ mail/ modules/ packages/ page_types/ single_pages/ sitemap.xml themes/ tooles/ updates/
//SQLデータをエクスポート
# mysqldump -u {ユーザー名} -p {パスワード} {データベース名} >> concrete-export.sql
[/shell]

2.Dockerコンテナに反映させる

コンテンツファイルをDockerコンテナに反映させる。

※ コンテナ名:concrete

[shell]
// SCPでファイルを移動
# cd /tmp
# scp {移設元サーバーIP}:/var/www/html/concrete/concrete-content.tar concrete-content.tar
// concreteコンテナ内にconcrete-content.tarをコピー
# docker cp concrete-content.tar concrete:/var/www/html
// tarファイルを展開
# docker exec concrete tar xvf concrete-content.tar
# docker exec concrete /bin/bash -c "chown www-data:www-data -R /var/www/html"
[/shell]

記事データをMySQLコンテナにインポートする。

※ コンテナ名:mysql

[shell]
// SCPでファイルを移動
# cd /tmp
# scp {移設元サーバーIP}:/var/www/html/concrete/concrete-export.sql concrete-export.sql
// mysqlコンテナ内にconcrete-export.sqlをコピー
# docker cp concrete-export.sql mysql:/tmp/
// インポート
# docker exec mysql /bin/bash -c "mysql -h mysql -u {ユーザー名} -p {パスワード} {データベース名} < /tmp/concrete-export.sql"
[/shell]

もしかしたらディレクトリのパーミッション設定をいじる必要があるかもしれませんが・・・

ブログと違ってまだ新規のページを作成していないので何かあれば追記します。

次回、から内部ツール系サーバーの構築を行っていきます。

2016年10月9日

Nginxをゲートウェイとした構成を構築する。

Filed under: apache,Concrete5,Docker,OSS,Roundcube,Wordpress — ranpei @ 12:43 AM

Nginxをゲートウェイにして「Concrete5」「Wordpress」「Roundcube」を構築していきます。

1.docker-compose.ymlを作ってみる

[shell]
version: ‘2’
services:
######################
# gateway-proxy
######################
gateway-proxy:
image: nginx
container_name: gateway-proxy
ports:
– "80:80"
volumes:
– /var/run/docker.sock:/tmp/docker.sock
– ${PWD}/gateway_proxy/conf.d:/etc/nginx/conf.d
– ${PWD}/gateway_proxy/htdocss/index.html:/usr/share/nginx/html/index.html
links:
– concrete
– wordpress
– roundcube
environment:
– NGINX_HOST={ホストのドメイン}
#####################
# concrete
#####################
concrete:
build: concrete56-ja
container_name: concrete
links:
– mysql
#####################
# wordpress
#####################
wordpress:
image: wordpress
container_name: wordpress
links:
– mysql
environment:
– WORDPRESS_DB_HOST=mysql:3306
– WORDPRESS_DB_NAME=blog
– WORDPRESS_DB_USER=blog
– WORDPRESS_DB_PASSWORD=blog
#####################
# roundcube
#####################
roundcube:
image: robbertkl/roundcube
container_name: roundcube
environment:
– ROUNDCUBE_DEFAULT_HOST={IMAPサーバーIP or ドメイン}
– ROUNDCUBE_DEFAULT_PORT=143
– ROUNDCUBE_SMTP_SERVER={SMTPサーバーIP or ドメイン}
– ROUNDCUBE_SMTP_PORT=25
– ROUNDCUBE_SMTP_USER=%u
– ROUNDCUBE_SMTP_PASS=%p
#####################
# mysql
#####################
mysql:
image: mysql/mysql-server
container_name: mysql
volumes:
– /var/run/docker.sock:/tmp/docker.sock
– mysqldata:/var/lib/mysql
– ${PWD}/mysql/initdb.d:/docker-entrypoint-initdb.d
environment:
– MYSQL_ROOT_PASSWORD={MySQLルートパスワード}
– MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD=true

volumes:
mysqldata:
driver: local
[/shell]

/etc/nginx/conf.dをDockerホストからマウントするようにして
ホスト上のファイルを修正することで変更を容易にするようにしています。

ファイルの配置と設定は以下

[shell]
作業Root/
├ docker-compose.yml
|
├ /gateway_proxy
| ├ config.d/
| | └ example.com.conf
| └ htdocss
| └ index.html
|
├ concrete56-ja/
| └ Dockerfile
|
└ mysql/
└ initdb.d/
└ create_database.sql
[/shell]

・example.com.conf

[shell]
server {
listen 80 default_server;
server_name example.com;

client_max_body_size 512M;

#
# Log
#
access_log /var/log/nginx/example.com_access.log;
error_log /var/log/nginx/example.com_error.log;

#
# Header
#
#proxy_set_header Host $http_host;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
proxy_set_header X-Forwarded-Host $http_host;
proxy_set_header X-Forwarded-Server $host;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_read_timeout 600s;
proxy_connect_timeout 10s;

#
# Setting
#
#############################
# Nginxドキュメントルート
#############################
location / {
root /usr/share/nginx/html;
index index.html;
}
#############################
# Concrete5
#############################
location /concrete/ {
proxy_set_header Host $host;
proxy_pass http://concrete/;
proxy_redirect http://concrete/ http://$host/;
proxy_redirect default;
}
#############################
# WordPress
#############################
location /blog/ {
proxy_set_header Host $host;
proxy_pass http://wordpress/;
proxy_redirect http://wordpress/ http://$host/;
proxy_redirect default;
}
#############################
# Roundcube
#############################
location /webmail/ {
proxy_cookie_path /webmail/ /;
proxy_pass http://roundcube/;
proxy_redirect / /webmail/;
proxy_redirect default;
}
}
[/shell]

・index.html
~省略~

・create_database.sql

[shell]
— WordPress
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS blog CHARACTER SET utf8;
GRANT all ON concrete.* TO ‘blog’@’%’ identified by ‘blog’;
— Concrete5
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS concrete CHARACTER SET utf8;
GRANT all ON concrete.* TO ‘concrete’@’%’ identified by ‘concrete’;
[/shell]

buildすれば各コンテナが配置されます。

[shell]

$docker-compose up -d

[/shell]

で、起動するわけなんですが
ブラウザでアクセスしてみるとこんな感じに・・・・

alias%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e5%89%8d_concrete5 alias%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e5%89%8d_wordpressalias%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e5%89%8d_roundcube

 

※ 左から「Concrete5」「Wordpress」「Roundcube」です。

Roundcube以外がうまく行ってませんね。。。。

 

 

 

2.問題へ対応する

調べてみたところ”/blog/”を”/”にリバースしているため「Concrete5」「Wordpress」は”/”にアクセスが来たと解釈しURL生成していました。

そのためリダイレクト先やCSS、JSのURLが正確なパスではないためブラウザからはアクセスできなくなってしまっているわけです。

で、結局どうしたかというと・・・・・・・

「Concrete5」「Wordpress」のApacheに強引にAliasを切って対応しましたwww

いやね、Proxyの設定見直せばいけるかなと思ったんですが

調べれば調べるほど全然ダメみたいで・・・

結局、最終構成は以下となりました。

[shell]
version: ‘2’
services:
######################
# gateway-proxy
######################
gateway-proxy:
image: nginx
container_name: gateway-proxy
ports:
– "80:80"
volumes:
– /var/run/docker.sock:/tmp/docker.sock
– ${PWD}/gateway_proxy/conf.d:/etc/nginx/conf.d
– ${PWD}/gateway_proxy/htdocss/index.html:/usr/share/nginx/html/index.html
links:
– concrete
– wordpress
– roundcube
environment:
– NGINX_HOST={ホストのドメイン}
#####################
# concrete
#####################
concrete:
build: concrete56-ja
container_name: concrete
volumes:
– ${PWD}/concrete/concrete-alias.conf:/etc/apache2/sites-enabled/concrete-alias.conf
links:
– mysql
#####################
# wordpress
#####################
wordpress:
image: wordpress
container_name: wordpress
volumes:
– ${PWD}/wordpress/wordpress-alias.conf:/etc/apache2/sites-enabled/wordpress-alias.conf
links:
– mysql
environment:
– WORDPRESS_DB_HOST=mysql:3306
– WORDPRESS_DB_NAME=blog
– WORDPRESS_DB_USER=blog
– WORDPRESS_DB_PASSWORD=blog
#####################
# roundcube
#####################
roundcube:
image: robbertkl/roundcube
container_name: roundcube
environment:
– ROUNDCUBE_DEFAULT_HOST={IMAPサーバーIP or ドメイン}
– ROUNDCUBE_DEFAULT_PORT=143
– ROUNDCUBE_SMTP_SERVER={SMTPサーバーIP or ドメイン}
– ROUNDCUBE_SMTP_PORT=25
– ROUNDCUBE_SMTP_USER=%u
– ROUNDCUBE_SMTP_PASS=%p
#####################
# mysql
#####################
mysql:
image: mysql/mysql-server
container_name: mysql
volumes:
– /var/run/docker.sock:/tmp/docker.sock
– mysqldata:/var/lib/mysql
– ${PWD}/mysql/initdb.d:/docker-entrypoint-initdb.d
environment:
– MYSQL_ROOT_PASSWORD={MySQLルートパスワード}
– MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD=true

volumes:
mysqldata:
driver: local
[/shell]

 

・ファイル配置

[shell]
作業Root/
├ docker-compose.yml
|
├ /gateway_proxy
| ├ config.d/
| | └ example.com.conf
| └ htdocss
| └ index.html
|
├ wordpress/
| └ wordpress-alias.conf
|
├ concrete56-ja/
| ├ Dockerfile
| └ concrete-alias.conf
|
└ mysql/
└ initdb.d/
└ create_database.sql
[/shell]

・example.com.conf

[shell]
server {
listen 80 default_server;
server_name example.com;

client_max_body_size 512M;

#
# Log
#
access_log /var/log/nginx/example.com_access.log;
error_log /var/log/nginx/example.com_error.log;

#
# Header
#
#proxy_set_header Host $http_host;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
proxy_set_header X-Forwarded-Host $http_host;
proxy_set_header X-Forwarded-Server $host;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_read_timeout 600s;
proxy_connect_timeout 10s;

#
# Setting
#
#############################
# Nginxドキュメントルート
#############################
location / {
root /usr/share/nginx/html;
index index.html;
}
#############################
# Concrete5
#############################
location /concrete/ {
proxy_set_header Host $host;
proxy_pass http://concrete/concrete/;
proxy_redirect http://concrete/ http://$host/;
proxy_redirect default;
}
#############################
# WordPress
#############################
location /blog/ {
proxy_set_header Host $host;
proxy_pass http://wordpress/blog/;
proxy_redirect http://wordpress/ http://$host/;
proxy_redirect default;
}
#############################
# Roundcube
#############################
location /webmail/ {
proxy_cookie_path /webmail/ /;
proxy_pass http://roundcube/;
proxy_redirect / /webmail/;
proxy_redirect default;
}
}
[/shell]

・concrete-alias.conf

[shell]
alias /concrete /var/www/html
[/shell]

・wordpress-alias.conf

[shell]
alias /wordpress/var/www/html
[/shell]

・index.html
~省略~

・create_database.sql

[shell]
— WordPress
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS blog CHARACTER SET utf8;
GRANT all ON concrete.* TO ‘blog’@’%’ identified by ‘blog’;
— Concrete5
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS concrete CHARACTER SET utf8;
GRANT all ON concrete.* TO ‘concrete’@’%’ identified by ‘concrete’;
[/shell]

volumeがファイル単体もマウントできるんでできた荒業ですw

完全にバッドノウハウですよね・・・・

まあ、今後の課題ですかな・・・

2016年10月6日

Concrete5.6 日本語版用のDockerfileを作る

Filed under: Concrete5,Docker,Linux,OSS,オープンソース,PC — ranpei @ 11:51 PM

Dockerのインストールが終わってしまえば後はDocker Hubから

使いたいDockerイメージを持ってきてコンテナを作成するだけなのですが・・・・

Concrete5のコンテナを作成するときに問題があったため少しメモを。。。

 

1.発覚した問題

Concrete5の移行手順を調べているときに分かったのですが・・・

最新の5.7では下位互換がなくなっていたのです!!

今運用しているのは5.6・・・これじゃ移行できないよ・・・・・

5.6を探すもなかなか見つからず・・

さらにDocker Hub上のconcrete5のイメージは大半が本家のソースをDLして作られているために

運よく5.6のイメージが見つかっても日本語表示に不安が・・・・

 

2.だったら作ればいいじゃない!

そんなわけで、Concrete5のイメージは自分で作成することにしました。

で、作成したDockerfileが以下

[shell]
FROM chriswayg/apache-php

RUN apt-get update && \
apt-get install -y wget unzip php5-mysql php5-gd && \
apt-get clean && \
apt-get -yq autoremove && \
rm -rf /var/lib/apt/lists/*

RUN cd /tmp && \
wget -O concrete.zip http://concrete5-japan.org/index.php/download_file/view/1920/45/ && \
unzip concrete.zip && \
rm /tmp/concrete.zip && \
cp -rp /tmp/concrete5.6.3.4.ja/* /var/www/html && \
chown www-data:www-data -R /var/www/html && \
chmod 777 -R /var/www/html/config && \
chmod 777 -R /var/www/html/files && \
chmod 777 -R /var/www/html/packages && \
chmod 777 -R /var/www/html/themes && \
chmod 777 -R /var/www/html/updates && \
rm -rf /var/www/html/index.html

RUN echo php_value default_charset UTF-8 >> /var/www/html/.htaccess && \
echo php_value mbstring.language neutral >> /var/www/html/.htaccess && \
echo php_value mbstring.internal_encoding UTF-8 >> /var/www/html/.htaccess && \
echo php_flag mbstring.encoding_translation Off >> /var/www/html/.htaccess

EXPOSE 80 443
[/shell]

GitHub⇒gittrname/concrete56-ja

バージョン番号などがファイルに含まれる場合は、

バージョンアップ時に変わることを考慮した作りにするのですが今回は考慮していません。

(5.6がバージョンアップされることはそうそう無いでしょう)

このDockerfileをbuildすることでイメージが作成されます。

 

3.docker-composeで一括作成

最後に自前のDockerfileと公式のMySQLイメージを使って

Concrete5のコンテナ環境を作成していきましょう。

  • フォルダの構成

以下のようにファイルを配置します。

[code]
作業Root/
├ docker-compose.yml
├ concrete56-ja/
| └ Dockerfile
└ mysql/
└ initdb.d/
└ create_concrete_database.sql
[/code]

  • docker-compose.ymlの中身

[shell]
version: ‘2’
services:
#####################
# concrete5.6-ja
#####################
concrete:
build: concrete56-ja
container_name: concrete
links:
– mysql
#####################
# mysql
#####################
mysql:
image: mysql/mysql-server
container_name: mysql
volumes:
– mysqldata:/var/lib/mysql
– ${PWD}/mysql/initdb.d:/docker-entrypoint-initdb.d
environment:
– MYSQL_ROOT_PASSWORD={rootユーザーのパスワード}
volumes:
mysqldata:
driver: local
[/shell]

MySQL公式コンテナはdocker-entrypoint-initdb.d配下のSQLやシェルスクリプトをコンテナ作成時に実行するので
それを利用し初期DBと接続用ユーザーの作成を行っています。

SQLはこんな感じ

[sql]
— Concrete
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS concrete CHARACTER SET utf8;
GRANT all ON concrete.* TO ‘concrete’@’%’ identified by ‘concrete’;
[/sql]

 

linksでMySQLコンテナを指定していますので、

IPアドレスを調べなくてもコンテナ名を使ってDockerコンテナ間の通信が可能になっています。

あとは、docker-compose.ymlファイルがある階層で

docker-composeを起動するだけでビルドからコンテナ作成まで一通りやってくれます。

[shell]

// コンテナ起動

$ docker-compose up -d

// 起動確認

$ docker ps -a

[/shell]

 

作成が終わったら公式のインストール手順に従ってブラウザから初期設定を行うだけです。

Powered by WordPress